自宅に眠っている不用品の処理方法の1つに「買い取り」という方法があります。
捨ててしまうよりもお得に処理が出来ますし、再利用という意味合いにおいても良い選択肢であると人気の方法ともなっているのです。
しかしながら、初めて利用をするとなると流れが分からないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、買取の大きな流れやその種類などについて見ていきましょう。

在宅買取とは

在宅買取とは、自宅に居ても不用品などを売ることが出来るというサービスになります。
イメージとして、店舗や業者に持ち込むというものがあるかもしれませんが、今では全て自宅で取引が出来るというこの在宅買取が人気となっているのです。
手数料なども掛からない場合が大半ですし、査定などもインターネットを通して簡単に行えるということもあり、いくつかの店舗・業者に査定を依頼し、自らが1番納得できるものをチョイスできるというのも大きな魅力といえるでしょう。
品物が大きなものとなると、なかなか運ぶのも難しい・女性やご高齢者の場合においては重量があるので一人では処理しにくいなどというときにも在宅買取であれば安心して利用していただけるでしょう。
もちろん、小さなもの1つからでも買取依頼をすることは可能です。

また、スピーディーさも特徴の1つです。
たとえば、オークションなどと比較をしても在宅買取のほうが迅速にそして手間をかけることなく対処できるのです。
ですから、初めての方でも取り入れやすいスタイルとも考えられるでしょう。

買取の流れ

1.申し込み
申し込みはインターネットの専用フォームやFAXなどから行っていただけます。
業者によっては無料の会員登録が必要だというケースもありますので確認しておきましょう。
ダンボールなどについては、無料で送付してくれるというところが大半かと思いますので、もしご入用であればお願いしておきましょう。
自宅にダンボールがあるのでそれを利用したいという方は、それを使用していただくことも可能です。
ダンボール送付の時間が割愛されますので、よりスピーディーに利用できるかとも思います。

2.梱包作業

次に梱包作業です。
買取をしてもらいたいものを箱詰めしていきましょう。
この際、少しでも高額買取をと希望されているようであれば状態を確認しながら進めていくことをおすすめします。
たとえば、汚れや誇りなどが目立つ場合にはそれらを綺麗にふき取るなどすると良いでしょう。
衣服などはクリーニングにあらかじめ出しておくと、さらに良い買取価格となることも多いようです。
この際、ギャランティーカードや保存袋その他の付属品があれば一緒に梱包しましょう。
割れ物の場合は取り扱いに気をつけましょう。

3.集荷

業者指定の宅急便があればそこを利用し集荷依頼をしましょう。
一般的な集荷方法と同じになりますので、時間指定も可能です。
この際、荷物が大きくなると送料がと不安になられる方もいらっしゃるでしょう。
送料に関しては、店舗・業者が負担をしてくれるかと思いますので、負担は無いかと思います。

4.買取査定

買い取り商品が店舗・業者に届くと査定を行いその結果が届きます。
メールもしくは電話という形が多いでしょう。
その価格に納得が出来たら入金作業となります。早いケースですと翌日には完了するかと思います。
万が一、納得が出来ないなどということがあればそのまま返送してもらうことも可能でしょう。
なお、この返送ですが、無料で行ってくれるというところもありますが別途料金が掛かってしまうというところもまたあるかと思います。
イザという時のために、事前に確認しておくとよりスムーズに進めることが出来るでしょう。

必要書類などについて

在宅買取の際、本人確認のために身分証明書が必要となるでしょう。
この確認ですが、2回目以降の同店舗・業者の場合には割愛される場合が大半です。
では、ここで具体的な身分証明書として有効な書類についていくつか掲げていきましょう。

・運転免許証
・住所記載がなされている健康保険証
・住所記載がなされているパスポート
・住所記載がなされている年金手帳
・写真つきの州民基本台帳カード
・印鑑登録証明書
・戸籍抄本もしくは謄本の写し
これらが一般的には有効になります。
写真突き出ないものの場合は、住所記載のもの2種類の提出を求められることもあるでしょう。
公共料金の領収書や通帳・住所記載が無い書類などにおいては無効となることが大半ですので、事前に確認しておくとスムーズでしょう。
メールに添付をして提出をするという場合、その写りがはっきりとしていないもの・見切れているものなどに関しては再提出を求められることもありますのでご注意ください。

未成年の場合でも在宅買取は利用できるケースが多いでしょう。
未成年者利用は禁止しているという場合もありますので、そのような際には保護者に代わって依頼をしてもらうというのも良いかもしれません。
また、利用可能であるというケースにおいては保護者の署名ならびに捺印が必要であり、店舗・業者によっては保護者に電話確認が行われることもあるかと思います。

出張買取について

在宅買取とならんで人気のスタンスが「出張買取」です。
出張買取とは、申し込みをしていただくことによって店舗・業者の査定スタッフが依頼主の自宅まで足を運んでその場で査定と買取を行うというものになります。

即現金化が出来るというのが大きな魅力でしょう。
出張から査定・買取までの流れを1日で済ませることが出来ますので、時間が無いという方においても利用をしやすいスタンスです。
店舗に出向く必要もありません。
査定だけでももちろん利用していただきます。
ただ、店舗・業者によっては「出張範囲」が決まっていることもあるでしょう。
事前に公式ホームページや電話で確認しておくと安心です。

在宅買取の流れ

次に在宅買取に必要なものとその流れについても見ておきましょう。

必要なものは、買取を依頼したい品物です。
もし、それらに鑑定書やギャランティーカードが添付されている・箱や保存袋があるという場合には、合わせて用意しておくとよいでしょう。
在宅買取同様、汚れやほこりなどを事前に綺麗な状態にしておくと、買い取り価格が上がるという可能性もあります。
また、身分証明書・未成年の方は保護者の同意書が必要です。

流れについては以下のようなものになります。

1.依頼をする

利用したい店舗や業者に問い合わせを行いましょう。
今では、インターネットの公式サイトに専用お問い合わせフォームがあるかと思いますので、そちらに必要事項を記入し送信しましょう。
サイトによってはパソコンばかりではなく、スマートフォン・携帯電話対応というところも増えていますので個々のスタンスにあわせて利用しましょう。
電話やFAXなどでも対応してもらえるかと思います。
このとき、希望訪問日時やそのほかの質問や問い合わせなども一緒に行うことが出来ます。
確認をし納得が出来たら訪問依頼を決定させましょう。
基本的には希望日時に訪問依頼を受け付けてくれることが大半ですが、混雑状況によっては難しくなるというケースもあるようです。
いくつかの希望を考えておくのも良いでしょう。

2.スタッフの訪問

申し込みが終われば、希望日時に店舗・業者の買い取りスタッフが自宅まで訪れます。
家に入らなければならないというケースもあるかと思いますので、その点においては納得しておきましょう。
一人で不安だという場合には、同伴者の方が付き添うという形でもかまいません。
中には、女性スタッフが対応してくれるなどという店舗や業者もあるようです。
女性やご高齢者の一人暮らしですと、男性スタッフに不安感を抱くという方もいらっしゃるかと思いますので、もしこのようなサービス対応が用意されているようでしたら、依頼の際に伝えておくと良いでしょう。
また、依頼主が未成年者であるという場合には、保護者の同伴が求められることもあるでしょう。
出張の際の費用ですが、負担なしという店舗・業者が大半です。
気になる方は事前に確認をしておくことをおすすめします。

3.査定と買取

スタッフが査定をその場で行い、買い取り価格を決定します。
見積もりを分かりやすい形で提示してくれるでしょう。
その価格に納得が出来れば、買取作業にすすみます。
万が一、納得が出来なかった・しばらく検討したいなどという方においてもその場で申し出ることによってその日の買取を避けることもできます。
キャンセル料金などの負担は無いことが大半です。
検討後に買取をという場合には、もう一度店舗・業者に依頼をするという形になります。

4.買い取り作業

3の段階でその査定金額に納得をした方は、買取を行います。
買い取り方法ですが、その場で現金でにて支払いをしてくれるというものが一般的です。
在宅買取と出張買取それぞれスタンスが変わることはありませんので、金額そのものに変化が生まれることもないでしょう。
取引完了の書類などが用意されているケースも多いようで、サイン・捺印を行うということもあるかと思います。
それは、領収書となりますのでしばらくは保存しておくようにしておきましょう。

初めての方でも利用しやすい買取スタイル

今回は、自宅に居ても利用が出来る買取スタイルである「在宅買取」と「出張買取」について見ていきました。
非常に簡単なステップで進めることが出来ますので、初めての方でもスムーズに利用していただけるでしょう。
過程で気になる点や不安な点・質問があるという場合には、その都度、店舗や業者に問い合わせをしていくとトラブルも避けることが出来るのでおすすめです。
忙しい方にもぴったりの買取スタイル化と思いますので、上手に利用していくと良いでしょう。
さまざまな店舗業者が今ではこうしたサービスを実施しています。

売る前に知っておきたい!商品を少しでも高く売るコツ

自分ではもう使わなくなったけれど、まだまだ商品としての機能や価値があるといったものもあるでしょう。
そのような場合、買取を店舗や業者に依頼をするという方も多いのではないでしょうか。
買取を依頼するわけですから、やはり少しでも高く売りたいという気持ちもあるかと思います。
そこで、少しでも高額買取をしてもらうポイントについて考えていきましょう。

タイミングについて

シーズン品や新商品は売るタイミングが大切になってきます。
中古品の相場は当然ながら変動をします。
電子機器類などは次々に新しい製品がリリースされるものです。
もし、新商品を買取して欲しいという場合には、早い段階のほうが高価格となるでしょう。
また、冷暖房品などといった「季節家電」については、シーズンが始まったとき・その寸前などがおすすめです。

付属品について

実際にその商品を使用しているときにはあまり気にしない「付属品」も買取には大切な要素となります。
やはり、中古とはなるものの買い手からしてみると「新品に近い状態」のものが好ましいと思うのです。
ですから、説明書や保証書・箱があればさらに高い買取価格がつくことが多いのです。
ブランド品の場合においても、ギャランティーカードや保存袋もその価値となります。
本物だと証明されるギャランティーカードにおいては特に大切なものともいえるでしょう。

不用品は一度に買い取ってもらう

無理に不用品を作る必要はもちろんないのですが、できれば1度にいくつかの商品を買い取りに出すのが良いでしょう。
その理由について出すが、店舗や業者によっては「おまとめ買取」を実施してくれるケースが多いからです。
簡単にいえば、多く買取をしてもらうほどに「上乗せ」がされる可能性があるということです。
数千円から3万円などと大きな差がでてくることもあるでしょう。
あらゆるジャンルの製品に対応しているという店舗・業者が大半かと思いますので、まずは不用品をまとめてみましょう。

複数店舗・業者に査定を

そして、いくつかの店舗や業者に事前査定依頼をおこなってみましょう。
同じ製品であっても、その買取価格に差が生じることもでてくるかと思います。
先にふれたおまとめ買取の上乗せ分含め、どの程度の価格になるかを比較検討し、一番良いと思えるところを選ぶのも高く買い取ってもらうポイントともなるのです。

ちょっとしたポイントで満足な取引が出来る

今回は高く売るということを重点的に見ていきました。
ちょっとしたポイントでその価格が変わってくるかと思いますので、買取の際には意識をしてみてください。