昔は使用していたけれど今ではクローゼットの片隅に追いやられているという楽器をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
愛着もあるかと思いますから、簡単に捨てるということも出来ない品物でもあります。
そこで、買取に依頼をするという方法はいかがでしょうか。
今回は、中古楽器の買取について見ていきましょう。

楽器を買い取ってもらおう

買取の方法ですが、まずは「店舗買取」です。
これは、楽器を自ら店舗に持ち込むというものになります。
店舗で即日査定・買取を行ってくれますからスピーディーでしょう。
作業全てを確認しながらすすめていくことができますし、不安な点や質問などもその場で行えますので安心感はあるかと思います。
持ち運べる大きさの楽器であれば利用もしやすいでしょう。

次に在宅買取です。
買い取り店舗が無い・忙しくて出向く時間が無いという方にもおすすめです。
楽器を梱包し送付をした後に査定・買取という流れですから、店舗買取と比較をするとある程度の時間は要するものの気軽に利用もしやすいですし、自由度も高いものといえるでしょう。

高く買い取ってもらいたい方のために

買取を依頼するからには少しでも高くというのが多くの方の願いでしょう。
そのポイントですが、第一には「状態」です。
綺麗であるほどに買い取り価格も高いものとなります。
もし、目立つ汚れがあるようでしたら楽器のクリーニング依頼をするのもおすすめです。
自らで掃除をして綺麗になるレベルであれば行っておきましょう。

さらには付属品です。
説明書や保証書があるという場合にはこれらをつけて買取を依頼するとその価格は大幅にアップするのです。
音響機材などがあれば一緒に出すのも良いでしょう。

また、店舗によっては「買い取り強化中」の楽器が掲げられている場合も。
店舗によって変わってきますから、いくつかの店舗を比較検討してみるのもおすすめです。

PESマークと特別承認制度について

PESマークとは民生用電気製品が対象となる安全規格です。
それに関係する特別承認制度ですが、ビンテージ楽器においては経済産業大臣に申請をし承認があればマークなしでも販売が出来るという制度になります。
依頼側が求められる手続きなどは特にありませんが、認識しておくと良いでしょう。

楽器の価値を再び

不要となった楽器でも、大きな価値があったり需要があるというケースも少なくありません。
捨ててしまうのではなく、少しでも高く買取依頼をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事